Information

next


手の届くいいしごと


「デザインには人生を変える

力がある。」

思い浮かべた憧れや理想を

期待値最大化スタッフが

実現します。


足立区の工務店に説明受ける夫婦

私たちにできること


・大切に考えていること


・できること できないこと


・コストの話 


・安心保証のラインナップ


杉の森

大工店賽では、材木屋から材木を買うのではなく山から大工へと「これはここに使いたい」と話をしながら材木を用意しています。

また、機械によるプレカットではなしえない、技量のある大工だからできる「手刻み」での強固な仕掛け。

木の家のよさは、木の家に住んでこそ、分かるのかもしれません。

足立区の伝統工法の古民家

長年住んだ家―古い家―。断熱や収納問題、耐震問題などの問題。

建て替える?

いえ、その前に。一度、建築調査してみるのはいかがでしょうか。

良い柱や梁は残したまま、日本の伝統工法を生かして構造補強・断熱・採光を新たに考え、現在の暮らしにあった住みよい住まいに再生。家の本当の良さを引き出してあげましょう。


梨街道 新築 市川 松戸

木材にこだわり、生きている木を使います。

適切な木材配置のための手刻みでの仕事は、その木の一本一本の個性に合わせて調整することが可能になります。金物に頼らない「木本来の組み方」は、よくしなって、ふんばってくれます。


伝統工法とは?

足立区の工務店の台持ち継手

西洋の建築学が入る前の日本の建築方法のことで、木の特性を活かし、木と木を組み上げて建物を構成することを特長としています。佐野建築工房では伝統的なその技術を大切にしています。

大工が教えるDIY

足立区の工務店とDIY

壁の塗装や小物棚の製作などの簡単なものから、中には大掛かりな工事を行う人もいらっしゃいますが、うまくいかずに悩むことも。そんな時にはプロのアドバイスを参考にしてみてください。



               施工事例 


足立区の工務店が建てた梅田の家

町工場街にある振れ隅木の家


東京都足立区      新築住宅


江戸時代の宿場町 足立区のなかでも歴史の古い北千住でまち歩きイベントしたり古い建物の魅力を伝えたりする活動をしていたときに仲間の建築家に声をかけられてはじめたプロジェクト。

あなたの町にも隠れた技術者はたくさんいます。





新築 リフォーム 水回り 外装  写真集


工務店設立以来かかげてきたコンセプト

「手の届くいいしごと」

家は決して床の間にかざっておくような

近寄りがたい高級品ではありません。

創意工夫があれば予算内でいろんなことを

考えることができます。

それが私たち職人が提案する

 


「手の届く いい仕事」


画像をクリックすると各ページにいけます。



佐野棟梁笑顔

僕は大工の二代目ですが、私の家にもいろいろな出来事がありました。

その過程で多くのことを学んだとおもいます。不動産会社の「商品」としての家を作っていた私が、生命の宿る木々として、新たな家族としてこれから家を建てたり直したりする方々にお届けしたくなったのかをこれから少しお話します。

ブログ

棟梁の小言バナー

千住ガレージで一緒に工務店していきたい人募集中

足立区の工務店大工店・賽です。

十年以上 一人大工として 仕事をしてきました。

設計事務所の仕事や工務店の仕事の大工工事をしたり

 

自分で請けたり 半々くらいでやってきました。

 

もともと工務店を経営していた父が廃業したので【下請けをやめてリタイヤ生活をはじめた】

 

一人親方になったのですが

 

そこそこ仕事請けるようになって建設業許可あったほうが面倒なくてよいなーってなりまして

成り行きで会社つくりました。

どうせやるなら 林業に近く循環するような建築スタイルと

この先仕事していく子供たちに夢があるような

【大工工務店】を作りたいとおもって

コンセプトの近い方々と仕事をしてきました。

ホームページや広報しようにも実績が

いわゆるフツーすぎる家しかなかったので。

 

で、今年から自分の仕事だけで回してみることにしました。

 

なので今は暇です。

 

作るスキルは あるけど

 

設計したり

 

企画 運営したり は

片手間ではむずかしくなってきました。

 

設計しながら工務店を運営したい。

 

北千住の地域に根差した場所にある ガレージで エリアマネジメントしてみたい

 

単純に仕事を発注して 大工店賽と共創するプロジェクトを実現したい

 

など募集しています。

 

一人親方やってくならいまのままでも充分なんですけど

自分自身のソコチカラをひきだしたいし

そうおもっている どこかにいる仲間の手助けをしていきたいとおもっています。

 

やっていきたいことの一つは

 

残したい建物と 使いたい人の橋渡しです。

 

不動産流通以外のもう一つの ストックとリユースとビジネスナリッシュの流れをつくりたい

 

人の活動はなにかを養うためにあるべきだとおもいます

 

【価値】という概念は

【労働】を基準としています。

 

畑で何時間働いて得られた収量とスキルなどを加味してしはらわれるべき対価を基準にしています。

 

農【自然】は 働く人間には 平等です。

 

保存ができて所有をするようになってから

 

もつ物と持たざる者の間で勝手な【値付け】がはじまりました。

 

なので本当の価値に戻す。そんな仕事をしていきたい。

 

内容は長くなったので次回に。

 

自分たちの工務店の考えは

「あなた いえつくれないから かわりにわたしがやってあげる」

 

です。実にシンプル。

 

おもしろいひとたち待ってます。

 

♯千住ガレージ

♯設計士

♯募集

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

竹小舞

有限会社 佐野建築工房

〒123-0861

東京都足立区加賀2-27-3

» 詳細

足元を固定しない(石場たて)