棟梁の小言

棟梁の小言 · 2019/07/18
通し貫とは柱に穴をあけて平均4本くらいの28ミリの板を柱を編むようにしていれていきます。 長いところは柱の中で継手を作ってつなげてあります。すべての柱が貫でつながっていることになります。 さらにこの貫をいれて垂直を見た後にクサビで締め固めます 田舎のほうでは筋違がなくてこの貫だけで固めている家をよくみますが...

棟梁の小言 · 2019/07/17
この300幅もある敷居と敷居を留めにって 建築家さんが簡単にいうから。。。 うらにテ―パー穴を掘って ↘️↙️こーゆー 勝手同志をあわせてスライドすると あら不思議 どんどん寄ってくではありませんか。 大工の手間より釘のが高い時代の知恵やねー。

棟梁の小言 · 2019/07/16
いまの家の柱のほぞはなんセンチあるでしょうか? 工務店の社長は大工さんじゃない人も多いので 長さすら気にしてもいないでしょう。 プレカットさんに聞かれなきゃ。 普通にスルーするとわずか4.5センチです。 ほぞというよりはポッチです。(笑) うちは最低でも9センチにします。 長いときは梁の幅全部です。...

棟梁の小言 · 2019/06/06
ここ最近古民家を再生する仕事をしています。 蚕さんをかっていた二階のある築100年くらいのたてものです。 肝心な構造部分には堅いけやきの木がつかわれていました。 多分に漏れず少しまえのリフォームでベニヤとかがつかわれて劣化してぼろぼろになってます。 段差や寒さなどを改善しながら漆喰や板張りで仕上げていきます。...

棟梁の小言 · 2019/06/03
断熱は大事! 高断熱 高気密の家にすみたい! 断熱施工はきっちりやるのが大事です。 調湿 透湿 防湿 それぞれの層のシートの特性を知って目張りのように連続性を持たせて 施工します。 しかし! 私の建物はさほど断熱は重要視していません。 もちろんご要望があればきっちりやらせていただきますが、...

棟梁の小言 · 2019/05/02
大工店・賽 の賽はさいころのことですが もともと賽というのは  地域の守り神という意味があります。 賽の神って風習がある地域もありますね。 お地蔵さんなどもその地域の守り神のなかまです。 もともとサイコロの起源は神様に吉凶を占う道具からきています。 いえもいわば家族の守り神です。 木の命を自然から頂いて家をつくります。...

棟梁の小言 · 2018/05/08
古い杉板の壁がペンキをぬってしまって塗膜がボロボロだったので、炭化層の厚い本焼きの焼き杉にはりかえました。

棟梁の小言 · 2016/05/01
もともと錆びた物置がおいてあったちいさな庭にサワラの木で塀とデッキをつくってみました。 節のある一等材を木端立てに使い 長さをレイアウトしながら節と節の無地の区間がくるように仕事をしているので、 いい材料つかったみたいにみえます。 大工ってそういうときたたのしいんです。 ぼくの現場ではサワラのデッキはよくやります。...

棟梁の小言 · 2015/11/20
浴室シャワールームはベランダの防水などに使われるFRP防水に白のトップを施した清潔感あるお風呂にしあがりました。 先日一年点検にいってきましたが汚れもほとんどありませんでした。 ユニットバスのむずかしい変則的な空間でしたがユニットにはできない空間ができたとおもいます。...

棟梁の小言 · 2015/07/25
和室と台所だった部分を一間にして広くなりました。 桁は杉板で囲って太らせてみました。なんとなく角材にみえるようにダミーの金輪継ぎ手なども作ってみました。 床はナラ材です。 収納の扉には築100年の古民家から頂いてきた舞良戸を入れました。開き戸でしたが戸車をつけて引き戸にしました。...

さらに表示する