素材について,materials

良い家は、良い素材から

大工店「賽」が選ぶ、こだわりの素材や、その一例をご紹介します。

構造材

国土の7割が山林のわが国は木の宝庫です。あらゆる生活物資が木製だった時代、未来の需要を見越して先祖が植えた杉や桧はちょうど使いごろを迎えています。半年 一年 天然乾操で緩やかに乾操させた木は精油分で木の力を存分に発揮します。

構造仕様・土台 桧・ひば・栗
杉・桧・けやき・栗
杉・地松・米松・カスケード材

産地:天竜材・西川材・吉野材

杉の丸太
杉の丸太
地松
地松

土台

土台には赤身のはった心材の檜をつかっています。

檜であればなんでも虫や湿気に強いわけではありません。

檜は赤身のほうに成分があるので赤身のはったものを選びましょう

角材で赤身が多いということは材をとっている

原木がでかいということです。

流通材では出してもらえない裏メニューみたいなものですね。

さらに防腐防虫処理としてひばの精油を塗ります。

柱 桁には杉をつかいます。

杉はもっともポピュラーな材ではありますが粘り強く鞭性のある材質なのでしなってふんばる木造住宅にむいています。

柱に穴をあけ貫で連結しくさびでしめる工法を標準としています。


梁に使われる材は地松や杉の平角をつかいます。

なんといっても木の密度が違う地松はちからもちです。

断熱についての考えかた。

断熱材

木を剥いだ皮から作られる木の繊維から出来ている高性能な断熱材。

充填型の断熱材はただ壁にいれただけでは取り合いから空気が伝わってあまり意味がありません。

かといってビニールハウスみたいに壁をくるんでしまったら蒸れてしまいます。

そのため断熱の外側はすのこ状の板に透湿シートをはって空気の出入りをさせます。

内側は室内の湿気が壁に入り込むのをふせぐための防湿シートをはります。

一般の袋入りグラスウールの袋はこの役目をしているのでシート状に隙間なくはらないといみがありません。

よく解体などで<ぶっこんだだけ>という施工みかけます。

きちんと貼ればグラスウールでもかなりの効果がでます。

予算に余裕があれば調湿型のシートを貼るのが理想です。

屋根外壁ともに通気層をつくって空気の循環をはかります。

もうひとつ重要な要素は<窓ガラス>

住宅の中で最も熱の侵入がおこるのは窓です。

断熱材にお金をかけてサッシは普通のアルミサッシなんて言ったら本末転倒です。

ペアガラスでも単体ガラスよりは断熱性能がありますが、さらに進化させたlow-eガラスは遮熱断熱層として金属のうすい膜をはっています。すべての窓に採用する必要はないですが南側の窓などには採用するといいかもしれません

内装材の選定

床材

ナラ無垢フローリング
ナラ無垢フローリング
杉無垢フローリング
杉無垢フローリング
タイル
タイル

【珪藻土】

【漆喰】

消石灰と麩のりをまぜた昔からあるいわゆる白壁です。石灰ですから湿気を吸ってくれます。

【土壁】

石膏ボードができる以前は日本の家は板壁か土壁でした荒木田土という田んぼの土にわらをまぜたりしてつくります。土壁のできる左官屋さんも減ってきたので最近は乾式といってボードの下地に土ベースの仕上げ材を塗るパターンが多いです。

【板壁】

焼き杉や羽目板などいろんな種類があります。縁を廻さず板だけでシャープにしあげるとかっこいい。

【和紙壁】

和紙は身近にもふれるいい素材です。張り替えるときもかさねてそのまま貼れますし 左官仕上げより比較的安価です。土佐和紙などいろいろな産地の品があります。

屋根

【京町家の一文字瓦】

焼き物ですから耐候性は抜群かつ空気層もとれるメリットがあります。重量も瓦でももつ設計をしていればとくに問題はありません 一文字のかわらは廻りに銅版やガルバなどをふいたりします。

建具

【縁側の障子】

自然と家をゆるやかに分ける障子の魅力。半透明な紙風のガラスも入れられます。

【差し鴨居と木製建具】

建具と構造のコラボで絵になる空間に。