伝統工法とは,Traditional method

日本古来の知恵

伝統構法とは、西洋建築学の影響を受ける前の日本建築のことで、木の特性を生かし、日本古来の継手・仕口によって組み上げ、金物に頼らない軸組構法のことです。

寺社仏閣などの木造建築に用いられ、耐震強度・耐久性・メンテナンス性など優れた点が数多くあるため、修繕しながら約300年は持ちます。

現在の木造軸組構法住宅のほとんどは「在来構法」で建築されていて、伝統構法は1%程度しかありません。

それは、伝統構法で建築するには申請などに通常よりも時間や手間がかかること、工期が長くなることも要因ではありますが、それ以上に、伝統構法で建築できるしっかりとしたスキルを持つ大工職人が少なくなったことにあります。

佐野建築工房 大工店「賽」には、伝統工法も扱える高い技術の大工職人が揃っています。

伝統工法の要素

伝統工法の大きな要素は「木組み」「土壁」「石場建て」にあります。

木組み

その名の通り、金物に頼らず「木」と「木」の「組み」で家を建てます。その際、大工が一本一本の材に「仕口・継手」という凹凸の加工をします。

地震などの大きな外部からの力がかかっても、木同士がめりこむので力が柔らかく伝わり、耐震強度・耐久性に優れます。


土壁

土壁のメリットは、熱が伝わりにくいこと、湿度調整を行ってくれること、断熱効果・蓄熱効果・結露しにくいなどが挙げられます。分かりやすい例としては、夏場の暑い日の舗装道路は素足では歩けないほど熱いですが、土の上なら大丈夫ですよね。

土壁に使用する土は、藁などの植物を混ぜて発酵します。発酵することで植物繊維が分解され、粘りが出ることで土に強度が出て、剥がれにくくなります。このような土壁は化学物質を一切使わないので、地球環境にも優しいといえます。


石場建て

柱の根元を、アンカーボルトで緊結せず、石(または独立基礎)の上に直接柱を立てて、足元を足固めでつなぎます。普段は建物の重みで安定し、地震の際は地面が揺れても、柱と緊結されていないことで建物だけが滑るように揺れを吸収してくれます。

また床下に空間があるため湿気がこもりません。

また、家が腐朽するのは足元から。建築基準法で規定される標準的な作りの土台敷きの場合、横に寝かせた木は腐りやすく、交換も困難なため長寿命を維持するのは困難です。

石場建ての場合は、建物を持ち上げて悪くなった柱だけを補修することもできる、メンテナンス性に優れた点があります。


高い技術で長寿命の家を

このような伝統工法を行うには、かなり高い水準での大工職人の技術を要します。

大工店「賽」には、伝統工法を行えるだけの技術がありますので、古民家再生等も安心してご相談いただけます。