壁塗る前のひと時だけ見えるコマイ

刹那ですねー。

足立区の自然派工務店 土壁の竹小舞 あんだ後は見えないので 

一瞬の美ですねー。

塗るときフニャフニャしていると 左官屋さんが塗りずらいので 

きゅっと縄を絞ってしかっり編むんですよ。

刻んで足した藁が網にからんでよりはがれにくくなります。 

だいたい60くらいの厚みに塗ります。

土壁は構造耐力も取れて防火にもなる優れた建材です。

いかんせん人件費がかかるから高い!

ていうより薄塗ボード漆喰でもそこそこ高い!

壁にたいしての予算比率が

クロスベースで考えられているから異様に壁をおとしたがるんです。

ここはきっと変わらないとおもいます。

個人の感覚ですからね。

一度体感できるところをつくりたい!

という夢をみています。

 

 

竹小舞

有限会社 佐野建築工房

〒123-0861

東京都足立区加賀2-27-3

» 詳細

足元を固定しない(石場たて)