つつじが丘の平屋


おいしくなーれな材木              【足立区の工務店大工店・賽のブログ】

足立区から随分遠征して調布で現場やってました。

なかなかにぶっとんだ家ですね。家全体が吹き抜けです。

ロフトも小屋裏もありません。

有名な設計さんがデザインしました。匠の番組の。

刻みしてたから声かけられました。

なんといっても ここの家の良さは

天竜TSドライ 完全天然乾燥の杉です。

今は亡き榊原正三さんと数人の製材会社がはじめた組合で 

機械乾燥をやめて3年近く日陰で自然に乾燥させて木をじっくり作る日本にほとんどいない木材協同組合です。

ちょっとまえまで木は切ってすぐ製材してお金にするのが当たり前の時代に 変形する材は嫌われる プレカットの台頭 集成材の普及で

乾燥材の時代が来ることを見越して それならより価値のあるものを作って付加価値をつけて山の仕事にお金を戻そう。

深刻な山仕事の高齢化を危惧していると

自分にかたってくれました。

建て方の直会のときに遠州静岡の山奥から工場長さんたちがきてくれて形になった木組みを見せれてよかったと思いました。



天然乾燥とは?

天然乾燥は素材のページにもかきましたが精油分が飛ばずにのこります。人間の肌もそうですがうるおいがなければ カサカサ ポロポロ

もろくなってしまいます。 含水率25パーセントくらいになれば大きなゆがみも出ないので それ以上に乾かす必要がないです。

流通ものの杉角材は乾かしすぎですね。自分も毎年開催されてる木こりツアー(伐採見学・体験ツアー)に行ったとき乾燥や製材の工程をみせていただきました。 手間暇かけてますねーって印象です。たのしかったですよ。木こり。

 


#足立区

#工務店

#天竜杉

#手刻み

#山形なまりの

#設計屋さん

#お手伝いの大工さんも

#山形出身

#うちのおやじは

#青森出身

構造材  天竜杉 天然乾燥 手刻み

外壁   モルタル 通気工法

屋根 ガルバリウム立てハゼ 縁まわりR加工

内装壁 本漆喰

床 天竜杉赤身30ミリ厚  一部 土間 タイル(床暖房)

建具 西川杉 MDF面材


設計  瀬野和広+設計アトリエ

大工  佐野建築工房大工店・賽

 

延べ床40坪

工事費 4000万円 (設計料 外構工事 付帯工事別途)

竹小舞

有限会社 佐野建築工房

〒123-0861

東京都足立区加賀2-27-3

» 詳細

足元を固定しない(石場たて)