· 

施工事例 町工場街にある振れ隅木の家

町工場が多くある地域に建つ家です。地元の建築家とともにつくりました。

内装は、ナラ 栗 をベースに 構造材は 高知県の杉をつかっています。

特徴的な構造は振れ隅木の一本物の大梁という構造です。

隅木とはふつう45°で入る斜めの材ですが

角度がずれているのを振れすみといい

振れ隅になると左右の勾配角度は違う勾配になります。

45°のときは一緒になります。

何がすごいかって?

大工の自己満足です。(笑)

角地の隅切りのおかげでいい体験ができました。

お施主さん ありがとうございます。

 

 

構造材 土佐杉 (土佐会)

設計 普設計合同会社 

施工 佐野建築工房