古家のリフォーム3

このおうちの壁は土壁でした。

ベニヤ壁の下に繊維壁やしっくい さらに土といったぐあいです。

住宅密集地でも都内では土壁おおいです。


叩いても弾むばかりでなかなかこわれません。


ひと壁くだいたあとはあきらめて木舞を丸鋸で切りました。

土壁塗るのはたのしそうですね。


近年は、関東では土を塗る左官職人さんや荒木田土材料屋の数が減って大変なようです。


しかし土には 荒壁から 砂をふやした中塗り 色土 や 漆喰と土をまぜた半田 などさまざまで独特な風合いがあります。

素材の表情と寄り添う建築は職人さんや材料、道具を作る人みんなの力がなければなしえません。


原点を忘れたらもう一度還ってみることじゃないかな。っておもいます。