古家のリフォーム

びふぉー。


アフター


これから大量に余っていくと言われている中古住宅。

「おじいちゃんたちが住んでいた家が空き家に」

なんてこともよくあります。

もうボロボロで不動産屋さんも建物の評価額ゼロです。

て、

もよく聞きます。

でも、それって建築の知識が薄い方たちが見た目の印象だけで決めただけでしょ。


古家評価額ゼロでもここまでよみがえるもんです建築は。


しかも建築知識をいかしたローコスト。


大工だからできるわけです。


今では手に入らないようなしつらえもあったりして楽しいものです。


アンティークの木製建具をはめたり。


建物もしっかり補強。


家には皆さん思っている以上の力があるのですよ。


手刻みのできる大工には構造を改良することはたやすいことなのです。


古家なおし検証してみましょう。