伝統工法による古民家住宅


古民家
古民家

伝統構法と在来工法どちらも柱と梁を主体とした軸組み工法ですが大きな違いは伝統工法は壁を固めず木組みのしなる力でゆるやかに力を受け流す柔構造に対し 在来工法は簡素な木組みを火打ちや筋交いで固めて地震に対抗する剛構造です。 梁を幾重にも重ねて格子状にすることやとおし貫きによる壁が特徴でダイナミックな構造美を追求する伝統工法は志ある大工さんにより守られてきました。

金輪継ぎ手
金輪継ぎ手

上の写真は金輪継ぎ手といって伝統工法の継ぎ手の一つです。込み栓さらに叩き込むと込み栓に押されて継ぎ手がぴたっとくっつきます。

 

手刻みの様子
手刻みの様子

大阪城の控え柱継手。