有限会社佐野建築工房

03-3890-3629



建物の再生は残そうと思う心からはじまる。


  長年住んだ家に住みにくくなってきた。

断熱なくて 熱い 寒い 

収納がなくて タンスだらけ

で、家を壊して建て替えますか?

そこで少し考えてみましょう。

長年連れ添った連れ合いと最近会話がない。

同じものをみて笑ったりしない

いつまでもそこにあるわけでもないのに身近なゆえに

ありがたみを忘れてしまう。

そんな存在にお互いなっている。

 

僕はこう思います。

壊れたら2度ともどらないなら

お互いの不便さを整理して

やりなおせばよいかと。

自分の都合をおしつけた

陳腐な修復ではなく

住まい手と作り手がお互いの良さを

引き出した

最高のかたちで

齢をかさねられたら

それが家の最後のいろどりと

なりえるのではないでしょうか?


             耐震化を計るのにやるべきことは?


※画像はイメージです。

私は古家の改修は最高で築100年の家を

経験したことがありますが、

建物が古いということ自体はさしたる影響はなくて、

大事なのは劣化した部分にどう対処していくかです。

建物の耐震を図るには基礎が必要になります。

耐震とは壁を固くして変形をしないようにして

建物を地面にくくりつけることで地震に耐えます。

当然おおきな力がかかるので強い基礎をつくらねばなりません。

単純に壁を固くするだけでは倒れにくくはなるでしょうけども

新築並みの基礎の性能には及びません。

しかし一方で必ずしも耐震で固くすることが

家の状態や構造に合わない場合もあります。

白アリや腐朽の害も取り払う上で

足元の改善は不可欠です。

 

 

腐っている土台や柱は伝統技術根継ぎにて交換します。


檜の柱を削る

天井板に竹のいなごを仕込む